心だけ残して.

投稿日:2018年7月11日 更新日:

心だけ残して

暮れかかる夏の夕暮れに
空を眺め話したね

星座の話や心の居場所を
そんな貴方が大好きで

何時も私はトキメイテイタ

なのに貴方は遠くへ行ってしまう

私の心を知りながら
何も言わずに悲しい目をして

私が気持ちを伝え様とすると
私の唇を指で塞いだ

ワケも知らずに黙る私を
後ろから優しく抱いてくれた

美しい思い出だけを私に残し

なのに貴方は遠くへ行ってしまう

私の心を知りながら
何も言わずに悲しい目をして

そして…私の前から姿を消した…

美しい思い出と心だけ残して…

 

 

いい思い出だけを残して…貴方は居なくなってしまった。心だけ残して…彼女の言いかけた言葉は、純粋で、其れを想像してた、彼は、汚れた自分に、その思いを聞かすまいとして、指でその言葉を、彼女の胸に、封印した…何かの事情があって、彼女に傷をつけない様にと彼の精一杯の優しさ?を書いたつもりなんですが…その事情とは?好きと言わせなかった理由とは?勝手に想像すると…結婚していたとか、不倫事情とか、なんかかなぁ〜自分で作っておいて、答えに悩みますが…皆さんは、どうでしょうか?そして何も告げずに、彼は居なくなった。何もなければ、こんな別れ方は、しないでしょうね〜多分…

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2018 All Rights Reserved.