切ない時の感情を詩(恋愛ポエム)に/泣ける歌詞に・・

心の交差点(恋のポエム)@泣ける歌詞

「詩/ポエム」 一覧



嘘をついた傘の下

2018/06/26   -詩/ポエム

大好きな君と一緒に帰りたくて 駆け込む君の傘の下 傘を忘れたのと?聞く君に嘘をついた 本当はワザと置いてきた 君は僕が濡れない様に そっとこっちらに傾けてくれた さり気ない君の優しさに僕は 駆け込む君 ...

月光花

月光花

2018/06/26   -詩/ポエム

優しい月の光に照らされて あなたを見つめて咲いている 私は月に咲く月光花 秘かにあなたを見つめている 透けて通るこの夜空に 強く響く言葉はありますか? 勇気を出せない私に 心を伝える詩はありますか? ...

屋上教室

2018/06/25   -詩/ポエム

僕らは何時も屋上で 掴めそうな空を見上げてた 授業をサボっても 誰も教えてくれない事を知った 僕らが求めている事は 理論や公式では無い事も 僕らは流れる雲を眺め 色んな事を考えていた 僕らに必要なのは ...

転れダイス

2018/06/17   -詩/ポエム

レールの上の人生なんて 俺たちには無いさ ただ気だるい風に吹かれて生きる 俺たちは心のやり場を 何時も探して旅に出る 流れ者と人は言うけど 優しさだけは忘れはしない 転がるダイスで思いのまま 生きてる ...

星のある風景

星のある風景

2018/06/04   -詩/ポエム

灰色の空を置き去りに 星を見に行こう 澄んだ空気とあなたを乗せて 都会の空を置き去りに 星を見に行こう 藍の闇に散りばめられた光を 汚れた空を置き去りに 星を見に行こう 素直な自分を取り戻すため 重い ...

いにしえ縁

いにしえ縁

2018/05/28   -詩/ポエム

いにしえのえにし(縁)は 五里先の月鏡に映る君を 水面に映し出す 静寂の中に響き渡る 音色は古きを想い尊ぶ 藍に染まる夜闇と橙色の月よ 君の教えと愛しさを心中に 夜風に晒され 秋虫の唄を耳に 月光を浴 ...

ボヘミアンの歌

ボヘミアンの歌

2018/05/28   -詩/ポエム

燃える陽炎の向こうに オンボロバイクで風をきる 俺たち陽気ななならず者 俺たち自由なボヘミアン お偉いさんも偽善者達も 誰も俺達を縛れやしない しがらみの鎖を引きちぎり 風に乗って自由に生きる ろくで ...

紫陽花の雨

紫陽花の雨

2018/05/28   -詩/ポエム

雨が街を洗った光る舗道 薄曇りの隙間から漏れる 虹に心を躍らせたあの頃 赤い傘をたたみかけた君 紺の制服姿が綺麗だった ずぶ濡れの僕に微笑んだ 君にときめいた僕の胸に 心地良い高鳴りを感じた 君を目で ...

Copyright© 心の交差点(恋のポエム)@泣ける歌詞 , 2018 All Rights Reserved.