「悲しみ/切なさ」 一覧

独りきりの誕生日

独りきりの誕生日.

2019/11/6  

  独りきりの誕生日 今日は僕の誕生日 今は…たった独りきり… 優しい笑顔は もう此処には居ない あなたは 思えば温か過ぎて 心からのプレゼントを僕に残して 大切な言葉を 僕に伝えて 大事な ...

汚れ多き僕の空

汚れ多き僕の空.

2019/11/3  

  汚れ多き僕の空 今僕は 僕達の住む街を眺めている… 勿論…僕も仕方なく 生きる為に仕事をして対価も欲している そして 自負する 凡人以下の生き者である… 生きる事は大好きだが 生活作業は ...

ヤジロベイ

ヤジロベイ.

2019/10/24  

  ヤジロベイ 君達と 僕達…それぞれの道が 思い思いのまま 其々に広がって行く 最初は其れでも それが良いことなのか?そうで無いのか? 誰もわからずに ただ歩んで行く… 新しく出会うもの ...

あぁ また仕事…

あぁ また仕事…

2019/10/23  

    あぁ また仕事… あぁ また仕事… 自由になれる休日はすぐに終わる また 生活に拘束されて 会社に拘束されて 僅かな自由までも 拘束される 食べて行くには仕方ないけれど 何 ...

休日前の僅かな ノスタルジー

休日前の僅かな ノスタルジー.

2019/10/20  

  休日前の僅かな ノスタルジー 濃い水色の中に溶け出した錆色は 人肌恋しい季節を運ぶ あなたのいない寂しさを運ぶ 暗がりで 雨を踏み走り去る車の音 そして 夜風が運ぶ金木犀の香りも それは ...

朝の匂い

朝の匂い.

2019/10/19  

  朝の匂い 夜明け前 眠れずに 藍色の空を眺める 寝間着のまま 着替えもせず 胸を膨らまして 大きく息を吸う 不足してたオゾンと血液が交じりあい 体内に新鮮な空気が 流れて行くのが解る 雨 ...

刹那だから…

刹那だから…

2019/10/8  

  刹那だから… ただ ただ 今は夜明け前の静寂 そして 秋虫の合唱に耳を添える… 優しい人の愛しい思い出… 今は過ぎ去った季節となり 遠い国へと運ばれるのだろう 人生は短くて 儚い… 刹那 ...

Copyright© 心の交差点 , 2019 All Rights Reserved.