「絶望/悔しさ」 一覧

薄っぺらな奴ら

薄っぺらな奴ら.

2019/11/6  

  薄っぺらな奴ら 薄ぺらな外面だけで 心まで繕う 二言目には 君達は 僕の友達という 僕は要らない そんな友情なんて 利害関係で友達というなら ヨソに行って欲しい 友達は心で繋がるものだか ...

流木の様に…

流木の様に…

2019/10/23  

  流木の様に… 人と生まれてきたからには 働いて働いて一生を過ごすのだろうか? もう 肉体的にも 精神的にも 苦しくて そんな自分は ただ弱虫で ただ 甘えきっているのだろうか? 毎日が睡 ...

水溜り2

水溜り2.

2019/10/22  

  水溜り2 納得出来ない事実 性懲りも無い企み 理不尽な奴らの笑い声 今すぐにでも飲んで見せよ 人の血液を 胸が痛い…堪えきれない やるせなさを従えて… 悲しみに泣き暮れる日々の辛さに い ...

無い物ねだり2

無い物ねだり2.

2019/10/16  

  無い物ねだり2 心はいつも無い物ねだり 命果てるまで 治る事無い病気の様なもの 金欲は全て制覇出来ると勘違いする 体を貪る色欲は歪んだ性欲を作り続け 心はいつも無い物ねだり その癖 偽物 ...

好みもしない雨が

好みもしない雨が.

2019/10/4  

  好みもしない雨が 好みもしない雨が 気忙しく 嫌がらせをする様に 殴りかかる 傘を持っていない タイミングを 狙った様に 優しい雨か 夕立なら好きだけれど 好みもしない雨が 夜に長々と ...

愚かなモノ達

愚かなモノ達.

2019/8/8  

  愚かなモノ達 闇を彷徨う僕を 包み込むものは 後悔 思い出 もう感じることのできない あなたの優しさ 温もり そして涙… 前向いて 歩き出そうとするけれど 全てをなくすのが怖くって 辛く ...

通り過ぎる過去の記憶

通り過ぎる過去の記憶. by 空倶楽部

2019/7/9  

  通り過ぎる過去の記憶. by 空倶楽部   いつか聞いたことのある 懐かしさ誰かが歌う 束の間の夕立は 虹色で 渇いた心潤す 雨宿り ビルの軒下 通り過ぎる過去の記憶 僕等が大 ...

Copyright© 心の交差点 , 2019 All Rights Reserved.