鈍色の夢.

鈍色の夢

 

鈍色の夢

 

浅い眠りに 思い出す街角
あなたの声 遠くから響いて

晴れでは無く 鈍色の空が好きと
ガラス越しに 空を見上げてた

あなたの好きだった レストランで

僕は僕で
晴れた青い空も 好きなんだけれど…

そんな事情も聞かずに

流れ出す ジャズピアノ
それに合わせて あなたは口ずさむ

今 あなたを 光が包み込み
僕はその美しさに 見惚れている

鈍色の空が好きだと繰り返す

浅い眠りに 笑っていた 面影

ただの 夢だったんだ…

もう…あなたは
此処には居ない…のだから…

 



 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.