シャボンの香り.

シャボンの香り

 

シャボンの香り

 

ほのかな記憶に香るシャボン

浴衣を着てくれた 君の手を引き
練り歩く縁日

恥ずかしくて
目も合わせられないくせに…

お互い分かり合おうと
無垢な手を繋いでた 蒼すぎた二人

琥珀色には 明る過ぎる 裸電球

ぬくみを 感じる その灯り
言葉足らずのまま 歩いてた

行き交うこいびと達
僕らも 同化してたのかな?

大人には未だ遠いけれど…

少しでも 恋人らしくなりたくて …

 




 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.