夜の展望台.

夜の展望台

 

夜の展望台

その夜は風も 優しくて

手に掬い取れそうな 星空の間を
音も無く飛行機のランプが流れて行く

これから旅立つ
まだ見ぬ世界への憧れを乗せて

あなたが好きだった 夜の展望台
今は一人きりで 眺めている

幸せ不幸せ この街にも様々な人生感…

此処から見える景色は
天界と下界を繋いでいるのだろうか?

空が近くて…星も近くて…月も静か…

そして涙に滲む夜の街は
まるで 宝石箱の様に煌びやかで…

今度 あなたに逢って またあなたと恋をして

あなたと生きて行ける時は
生まれ変わってからなのでしょうか?

この胸に あなたを宿して果てて行けば
あなたは 僕を許してくれるのでしょうか?

 



 

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2022 All Rights Reserved.