君への手紙.

2018年6月28日

君への手紙

君が生まれてきた時
私達は何よりも嬉しかった

どんな事が在っても護ると誓った

君の笑顔は私達の宝物

何にも代え難い宝物

君がどんな人生を送って行くのかは
君しだいだから

私達はどんな時も見護っているよ

君が生まれてきた時
僕らは何よりも嬉しかった

どんな事が在っても護ると誓った

君の未来は僕らの命

君の代わりは何処にもいないから

君がどんな人生を送って行くのかは
君しだいだから

僕は此処から見護っているよ

例え取り返しの付かない過ちを犯したとしても

私達は君を護ろうとするだろう

命を引き換えにする事が在ったとしても
私達は笑顔で君を応援するだろう

君は今…私達の家族で不満に思うかも知れない

君は今…私達の思いが理解出来ないかも知れない

でも…紛れも無く誓える

どんな君でも愛して行く事を

もしも私達が星に導かれても

空より君達を見護っているから

いつでも君の幸せを願っているから

いつか君も大人になれば解るだろう

そして……私達は…もういない……

 

 

また散文で申し訳ないですね…皆さんは、如何ですか?家族…いいですね…デモ世の中には、天涯孤独の人や、いろんな事情で、バラバラになったり、自分のワガママで、家を飛び出したり、いろんな事が在って、今を生きている。デモ、どんな家族でも、君の事を護って行こうと誓った人が、今はバラバラになってしまったとしても、急には如何でも良くなるはずが無いのです。どんな生き方をするか?君しだいだけど…どんな君でも愛されている事を忘れないようにしたいものです。天涯孤独の人達にも、必ず、そんな人が現れて、君を護ろうとしてくれるから…諦めないで…生きて行こうね…



 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-愛/愛情

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.