まっぴらゴメン…

まっぴらゴメン…

 

まっぴらゴメン…

僕の声は何時も 君達には響かない

誰かの作った 理不尽の壁の外に
放り出されてしまった

僕が僕であってはならない世界で

君が首を振れば 僕も降るのかい?

君達の大好きな仲良しごっこには
僕は もうウンザリなんだ

変わり者って 君達は色眼鏡で
僕を見つめるけれど

自分を持たない 作り笑顔の猫撫で声
強い者には じきにひれ伏す

心を受けようともせずに
心を届けようともしない…

心が見えない…そんな 友情なら 欲しくない…

そんな 口先だけの世界で生きるのは

まっぴら ゴメンなんだよ…僕はね…

変わり者でいいじゃない…それが自分なんだから…

 



 

-心/魂

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2021 All Rights Reserved.