砂に消えたあなた.

投稿日:2018年7月16日 更新日:

砂に消えたあなた

 

私を選んでは
くれなかったあなたに

募る思いを打ち明けたけど…

あなたに寄せてたこの思いに
今は何の後悔も無いのよ

サヨナラあなた…
涙で滲む砂浜に一人歩いてみても

私には何も
あげられるものはもう無いから

あなたの幸せを祈り
せめてこの海に流すけれど

寄せては返す波は
ただこの胸に響くだけ

少し子供の顔して
いつも側で笑っていた

そんなあなたに心奪われた私…

だけど今はもうあなたの側に
一緒に居られない私を許して…

オレンジ色に光る
空とこの海は涙に滲む

いつかの思い出 連れて来るから
今は涙とこの思い 潮風に任せて

お別れを言うけれど
ただ一人きり誰にも告げず

あなたを愛してた
この涙に誓えるから…

だけど…もう…サヨナラ…

私には何も
あげられるものはもう無いから…

せめて此処で祈るね あなたの幸せを…

そしてこの思いが果てて行く…

砂に描いた名前を波が消して行く…

これが…最後のオワカレ…

〔藍 詩より〕
誰にも告げずに、思いを募らせている…内気な女性の心を書いて見ました。オレンジに染め上がるこの海に佇み、自分の気持に区切りをつけようと…思い出の海に来ている。最後のお別れを思い出の海に告げる…彼女の純粋な愛しい気持が無音の言葉となり、潮風に吹かれて、大海原へと響いて行く…でも、今となっては、与えられるものは、何も無いから…せめて願いを込めて、砂に描いてしまった愛しい人の名前だけれど、波は…そんな気持ちを知りながら、そっと優しく打ち消して行った。皆さんは、好きな人の名前を、描いた事はありますか?僕は、長い間波乗り屋をしてて、週末は何時も、海で過ごしていたので、こんな事も、あったなぁと思い出しながら書いて見ました。皆さんは、どうでしょうか?

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2018 All Rights Reserved.