初夏の光.

初夏の光

 

初夏の光

 

寄せては返す 潮騒

初夏の光眩しくて

消えて行く 砂に描いた
君の名前

サヨナラの言葉も

涙に光る眼差しも

思い出す度

胸が引き裂かれて

戻れ無い
現実を 恨んでしまう…

最後に 君と歩いた

初夏の光の中

明る過ぎる
陽気が ただ…辛かった…


いつか来た海

 




 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.