別々の家路.

 

別々の家路

 

別々の家路

初恋だったと思う… 恥ずかしそうに
僕のコートの左ポケットに入れて来る
あなたの小さな手の温もりが嬉しくて…

街路樹通り 木枯らしに吹かれてた
口数の少ない僕の為に
沢山話してくれた

会うまでの出来事や 家族の事
友達の事 映画の話 夢の事

伸びた分の影だけ
一緒にいられたけれど…

家路を辿る靴音が切なさを増して行く
そして…じゃあねって…
いつもの所で お別れするけれど

恋の初心者の僕らには
愛しさが胸をつまらせるばかりで
歯がゆかった…

そして 簡単には好きだと言えないと分
夜の深さも 愛しさも積って行く…

 

 



 

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2021 All Rights Reserved.