静かな雨音.

投稿日:

静かな雨音

 

静かな雨音

屋根を叩く 静かな雨音

窓から見える
夏の景色は成熟を迎え

これから訪れる 季節の気配を
少しずつ 運んでいた

真っ黒に焼けた 球児達
テニス焼けの似合う女の子

涼風は青春の想い出と共に
肌を醒まして行く

どんな季節を迎えるのだろう

恋を覚えたての 僕達に

どんな季節の色を
見せてくれるのだろうか?

少し意味も無くさみしいのは何故?

少し肌寒いのは季節が進むせいなの?

濡れた土の匂い木々や葉っぱが
雨の匂いを創り出し

風が僕達の記憶にそっと運ぶ

純粋な心に残る 素朴な思い出

静かな雨音は 季節を運ぶ

そして 覚えたての恋も…

 

 

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2019 All Rights Reserved.