思い出蛍.

思い出蛍

 

思い出蛍

去年あなたと訪れた 初めての山里

田舎道を走り 蛍の舞を見せたくて

辿り着いた 静かな河のほとり

ユラユラと舞う蛍に導かれ

川沿いの真っ暗な道を歩いた

とても 優しい笑顔で

大切に蛍をいたわる様に手に乗せて

そっと息を吹きかけ 逃してたね…

誰よりも その姿が似合うと思った…

長い間 片思いで やっと思いが通じて

最近までは 楽しく過ごせたね

今はもう思い出になり掛けているのかなぁ…

今年は 一人きり 淋しさと あなたの面影連れて

思い出の蛍を見に行こうかなぁ…

僕はいつまでも…あなたを忘れない…

 



 

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2022 All Rights Reserved.