潮風に吹かれて.

投稿日:

潮風に吹かれて

 

潮風に吹かれて

夕陽に灼けた 茜色に二人のシルエット

涼風の中を 君を後ろに乗せて走る

今思えば 良くあるさりげない

部活の帰り道 青春の光景

家が同じ方向を口実に 君を誘った

高鳴る気持ち 抑えながら…

自転車の軋む音さえ嬉しくて
気持ちのやり場も解らず …

けれど答えは出ない…

もし この気持ちが恋ならば
そう考えると …

二度と来ないチャンスにも思え
急ぎ過ぎると自分を見失いそうで

どうしたらいいのだろうと試行錯誤する

やっぱり 心が切なくて
デモ 何が切ないのかもわからずに
デモ…デモ…君が好きだ…

胸の高鳴りが心地良くて
この川伝いの道を下って行くと
もう君の家…有難う…じゃあって…

何も云えずに…ただ優しい風に包まれた
潮風の匂いと 黄昏の海…
夏の制服を着た 僕が物思い佇んでいた…

 

 

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2019 All Rights Reserved.