ここだけの景色.

ここだけの景色

 

ここだけの景色

夕陽に伸びる影と 頬伝う汗…

そして色んな声色の掛声
茜色に染まる 思い出のグランド

疲れ果てた 体に鞭を打ち
君を横目で盗みながら
ダッシュするトラック 上り下りする階段

君にカッコいい所を見て欲しい…
そんな事も無かったと言えば嘘になる

あれから 何十年殆ど変わることの無い

ここだけの景色は
タイムトラベルでもしているかの様に

僕をどんどん
あの時代へと運んでくれる

この青い風は
いつも グランドの端
あなたのいる方向に吹きこんで行く

僕の言い出せない思いを…

この切なさのわけを…
今告げたい…あなたへのこの気持ちを…

 

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.