雪白夜.

投稿日:

雪白夜

 

雪白夜

聞こえない雪の音に目を覚まし

羽雪の舞い落ちる音を聞こうとしている

壊れかけた胸 僅かな恋の残り香

君を追いかけてた夢の中

そこに君はいる筈もなく…

窓の外を眺めると 君が好きだった雪白夜

積った雪が月の光を白く反射し 心なしか明るい

静の世界で舞い降りてくる

羽雪はあまりに 切なくて…

駆け寄るあなたの靴音さえも 聞こえはしない

私はその雪の平原に あなたの幻を描き始める

私があなたと別々の世界に生きて…

繋がっているのは 残骸に残る君の香りと魂の欠片だけ

ねぇ…どうして君は居なくなったの?

生きていれば…少しは笑ったり 温かくもなるよ …

そして また…雪白夜も一緒に眺められたのに…

その雪の平原に あなたの幻も描かずに済んだのに…

もう一度…逢いたくて… 今夜はやけに白いよ…

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2019 All Rights Reserved.