甲斐なき問い.

甲斐なき問い

 

甲斐なき問い

些細な事から始まったその衝動は

時々 僕の前に現れる様になった …

それは不思議と君に絡んで付きまとう

そして 日に日に胸に芽生えた感情を

ジッと見つめたり 遠ざけてみたり

もう 隠しきれない程 君の心が知りたくて

急激に加速して行く その感情…

怖くて 言い出せずに 苦しくて 切なくて

それでも 君が欲しくて 触れたくて

風に吹かせてみても 君に届く筈もなく

月に濡れてみても 恋しくなるばかり

一人 夜空を待ち焦がれては…

恋を問うて見るけれど その甲斐もなく 朧のまま

その心は その心しか知る由も無い…



 

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2022 All Rights Reserved.