君の足跡.

投稿日:

君の足跡

 

君の足跡

凍える街 今の僕にとっての冬の一日は
ただ寒いだけで終わる…

貴女が僕の頬を その白い手でたぐり
僕を泣かせたのは 僕が高校2年の春

風にちぎれた
君の名を 何度も何度も 泣きながら呟いた

就職が決まり 都会で暮らす事になった君と
見送る事しか 何も出来無かった 僕

二人別れた この駅に佇み 今も君を思う
星占いが 大好きな君が言ってた

約束の未来は 二人には訪れる事は無かった
それでも君を愛せた事を 僕は誇りに思う

そして僕等は別々に歩き出した
君は僕のいない世界を 僕は君のいない世界を

泡沫の夢でも 君と過ごした日々を
僕は決して 忘れない…

凍える街 今の君にとっての冬の一日は
どう感じるのだろう?

君の足跡をたどり その愛の重さを知った…
君の足跡をたどり 眠りかけてた 愛しさが蘇った…

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2019 All Rights Reserved.