白い蜃気楼.

投稿日:

白い蜃気楼

 

白い蜃気楼

真夏の日射しに灼きつくされた 白いヴィラ
ブラインドを降ろして 見詰める長い睫毛

無造作に 少し茶色の長い髪をかき上げたなら
シャツのボタンひとつ外し 囁いてくれるの?

そしてふたつ外したなら 君なら愛してくれるの?
大人のやり方で 僕を試す 年上の女(ひと)

貴女には ホンの火遊び(あそび)でも
僕には本気(マジ)な話し…

灼熱に(あつく)燃え尽きて 乱れさせて欲しいから
遅過ぎた出逢いでも その溜息ごと愛したい…

貴女がいつも言う様に この世が泡沫の夢ならば

理性の壁も打砕き
どんな罪でも受けて生きて行く …

立ち尽くす 僕を包み込む 淡い吐息と甘い髪の香り

我慢出来ずに抱いた その瞳は何故か涙で濡れていた

真っ赤な唇 誘惑の熱い風 激しく貪り合う寂しさを
今は眼の前の僕だけに 躰ごと 全て委ねて欲しい…

その涙のわけは…聞か無いけれど…

貴女の演技は遊び慣れた女 でも本当は違う…
そしてその答えは…淋しい知らせなんだろう…

出来るならその手を縛る鎖を引きちぎり
このまま 誰も知ら無い国へ さらって行きたい

真夏の昼下がり 禁じられた遊び
この世で叶わぬ夢ならば…

蜃気楼の様に 何も残さず 僕の記臆を吹き抜けて欲しい…

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2019 All Rights Reserved.