置き去りにされた悲しみ.

2018年6月9日

置き去りにされた悲しみ

まぶた閉じれば蘇る思い出
君はもうここにはいない

突然さよならの風が吹いて
僕を置き去りにしたまま

どこかに行ってしまったから

僕がそばにいなくても
きっと幸せでいるだろうか?

君は後悔しているだろうか?
僕を愛したことを

僕と過ごした愛の日々を

耳をすませば聞こえて来る
優しいあなたの歌声が

突然さよならの風が吹いて
僕を置き去りにしたまま

どこかに行ってしまったから

あなたがそばにいなくても
僕は幸せでいられるだろうか?

君は後悔しているだろうか?
僕を愛したことを

僕と歩いた思い出の日々を

大切な君を無くして
置き去りにされた僕の心は
今日も一人で泣いているから…

再び君と迎える
光に満ちた朝を待っているから

再び君と感じる
安らかな夜をを待っているから

またいつか出逢えればイイね…

 

 

どんな時でも、最愛の人との別れは、辛く悲しいものですね。突然の別れに、絶句して、心の痛みさえも、感じれずに過ごし、少し時が経てば、愛の深さや思い出が、津波の様に押し寄せてくる事は、あなたには、ありませんか?突然に最愛の人が、あなたの目の前から姿を消してしまった時、多くの人々は、嘆き悲しむ事と引き換えに、本当の愛を知る事になる。
チョット真面目に、考えさせられる事ですね。人の体は永遠では無いから、でも、愛は永遠に続かす事は出来ると思っています。機会があれば愛する人とは、再び逢いたいものだと、思います



 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-悲しみ/切なさ

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.