青春花火.

2018年7月23日

青春花火

プールサイドを歩く君を見た時

僕の心はすぐに恋に落ちたよ

初めは君を少しでも知りたくて

今度…紹介してよって…
君の友達に頼んで見たんだ

でも今はたった
二人だけで会っている事に
トキメク胸は夢の様だよ…

今日…勇気を出して言ってみた

今夜にある 花火を見に行こうと

君は誰かを誘うって云うけど

実は…そうじゃなくて…
僕は二人だけで行きたいんだ

僕と君を繋いでいる赤い糸が

細く弱くても…
本当に繋がってるのか
何より確かめたいんだ…

二人で記念写真を撮らないか?

夜空の下 恋を描く花火の下で

近くの誰かに頼んでみるから

少しだけ待っていて…

とても絵になる夜空と花火

僕と照れる君を照らした

隣ににいる君に
好きと言いたい僕の心を
微笑む君は知ってるの?

 

 

皆さん暑い日が続きますね。御身体ご自愛ください。もう、ボチボチ花火大会とかが、始まって来る時期ですよね…夏休み、いいですね…海やプールで泳いだり、お祭りに、花火大会…夏は、色々イベント事が多くて、でも水難事故なんかにはならない様に、気を付けて、下さいね。よく行ってた、市民プールなんかで、同じ学校の女子グールプと出くわして、その中に、自分の好きなタイプの子がいて、一目惚れしたけれど、照れくさくて、声もかけれずに、その場は、帰って来たんだけれど、チョット表現が悪いですが、蜂に刺された様に、心が恋の熱気を帯びて、彼女の事ばかり考えてしまう…で…友達伝いに、紹介してってねだると、たまたま、後日に、花火大会があって二人で会えるキッカケとなった。告白する前の準備と言うか、調査と言うか?でも、今は二人だけでいることが、嬉しくて、絶対に写真も欲しくて…なりふり構わずに、頼んだ事があります。不出来だけど、その時の気持ちを、描いてみました。




 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-詩/ポエム

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.