自問.

投稿日:

 

自問

いまの僕達はまだ旅の途中で 喜びや悲しみ

数々の試練を与えられ そして生きて行く

あなたに生きる 喜びを与えられて

春夏秋冬季節ごとに
それなりの思いを巡らせ知恵を育て学び

数え切れる程の 季節を過ごし
僕等は 永遠の春を迎え 旅を終える

子供の頃の人生は天文学的な数値で

人生の長さを感じていたけれど

季節を数えれば それは引き算となり

100歳から生きて来た年齢を差し引くと
非常に簡単で しかも大凡の余命まで解る

今の僕等は幾度目かの季節を数えて
喜怒哀楽を感じる事も知り

人を愛したり 複雑な事を考えたり
それに伴って知恵も育てて来た

一体 僕は幾度の季節を数える事が
出来るのだろうか?

そして何を学んで行くのだろうか?

果たして こんな自分でいいのだろうか?

僕は良く こんな自問に追い詰められる時がある?

 

 

皆さま、お久しぶりでございます。何故かまた、体調を崩したのか、疲労感が半端無くて、海に行ったからなのでしょうか?思考も止まってしまい、なんと無く、廃人状態となりました、海ではしゃぎすぎたのでしょうか。やっぱり無理は禁物ですね。人生は泡沫の幻とでも言いましょうか…日常の中で人生は日にちや時間で管理されていますが、季節で管理すると、大まかな最大値は、例えば夏100回であれば、自分の年齢を引くとあと何回の季節が残されているのか…すぐに解りますが、僕らの人生は、非常に短い…だから精一杯生きて行かなければならないって、最近特に、思う事が増えました。

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-心/魂

Copyright© 心の交差点 , 2018 All Rights Reserved.