にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

失恋/片思い

ネオン街に消えた愛

投稿日:




ネオン街に消えた愛

 

別れが似合う夜の街
途切れた愛がネオンに滲む

別れ言葉を残し 立ち去る後姿
どうして貴方を忘れろというの?

前触れも無い別れの言葉に
戸惑う私に振り向きもせず

愛の欠片を私の胸に残して
貴方は足早に去って行く

まるで タバコの煙みたいに

 

 

涙に滲んだ夜の街を
一人さすらい歩いてみても

貴方は戻るはずも無いから
誰を頼りに生きて行けばいいの?

夜の街に一人の私を残して
消えて行ったネオンが悲しくて

無理に笑って見たけれど
胸に刺さった欠片が痛くて

涙が止めどなく溢れてくるだけ

 

 

淋しさに色目を使い
誰かを探しては見たけれど

泣いた心は 誰も誤魔化せない
今 貴方は 誰と何処にいるの?

こんな私を一人置き去りにして
貴方はもうここに戻らない

違う男に酔うフリをしても
胸に刺さった欠片が痛くて

私の心は泣き叫ぶ 夜のこの街で

 

 

無理に笑って見ても 貴方を呼んで見ても

この頬を伝う涙は止まるはずもなく

時が心を癒すまで 私はこの街に佇むだけ…

 

 

 

また、演歌調になってしまいました。彼女の気持に、優しさで軽く見られる様な仕打ちをしたのか?本当に、適当に…じゃあって軽はずみで適当な別れなのか?夜の街にありがちな光景ですね。彼も、本当は心が痛くて、彼女を傷つけまいと、軽く適当な別れをしたと言う推測の方が僕的には、好きですけど…別れを告げられた時、誰でもいいから、そばにいて欲しいってタイプの女性像だけど、本当は、一方的に言われた別れ言葉に対して戸惑う気持と、煙の様に去っていく彼に残した未練を、夜の街を背景に描いて見たつもりですが…

-失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2018 All Rights Reserved.