冬の最終夜汽車.

投稿日:2018年5月28日 更新日:

冬の最終夜汽車

もう時間だから行くねって
別れの言葉も云わず
また逢える様なサヨナラ
それがお前の優しさだったのだろう
冬の最終夜汽車は今は凍えているだろう
それでもこんな俺を気遣う雪の様な
真白な心のお前の事が今でも愛おしい
誰も知らない街へ向かうお前を
引き止めなかった俺を許してくれ

寒く無いって躰を気遣い
優しく俺を見つめる
少し泣き跡残る作り笑顔
それがお前の優しさだったのだろう
冬の最終夜汽車は今は凍えているだろう
それでもこんな俺を気遣う雪の様な
真白な心のお前の事が今でも愛おしい
誰も知らない街へ向かうお前を
引き止めなかった俺を許してくれ

恋の終わりは最終夜汽車
そうお前は云っていたね
凍てつく窓にさよならの文字
それがお前の優しさだったのだろう
冬の最終夜汽車は今は凍えているだろう

雪の様な優しいお前を引き止め
今すぐにでも抱き締めてやりたかった
それでもお前を引き止めなかった
馬鹿な俺を許してくれ

 

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2018 All Rights Reserved.