銀杏並木と珈琲の香り.

銀杏並木と珈琲の香り

 

銀杏並木と珈琲の香り

 

黄金に敷き詰められた路を
踏み締めながら
ボクらは冬の訪れを 知らされた

穏やかな キミの優しい横顔

木漏れ日の中 終わる筈ない
限り無い空の果ての様な 恋の終わり

振り向いた時
其処には描かれた様な 空と銀杏並木

胸に残る絵画の風景

だけどもう 其処には 何も無くて…

ボクらの過ごした日々が
スクリーンの様に 浮かび上がって来た

これが恋の終わりなんだ…

こんな風景が ボクの心に

今は ただ 一枚の絵画として存在する
想い出の扉開けば 銀杏並木と珈琲の香り…

 



 

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2021 All Rights Reserved.