裸電球の温もり.

裸電球の温もり

 

裸電球の温もり

 

君をさらう 人混みの中

初めて触れた 柔らかな小さな手

小刻みに震えてた ボクの心

揺れる揺れる 夏の終わり

金魚すくいに ヨーヨー釣り
キミと食べた かき氷

祭りの夜は 通り過ぎて行く…

裸電球の灯り 何故か温かく感じてた

何も言えず 時が経つのも忘れて
先延ばしにしてた キミへの想い

報われる事も 心伝える事も
出来なかったけれど…

この神社を通る度に
初恋… 蘇る懐かしい想い出

キミは…どうしているだろうか?

 



 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.