期待の空に…

期待の空に…

 

期待の空に…

 

赤い傘をたたんで 黒い傘の下
二人寄り添い歩く 海に続く道

高鳴る胸で キミと歩いたあの頃

雨上がり 光を集め始めた海岸線
水溜りに光る 青すぎる空と入道雲

何もかもが 美しく映り込んでいた

眩し過ぎたのは 太陽じゃなくて
ホントは キミの輝きだったんだ…

どのくらい居ただろう?
空色が変わるまで 眺めてた 空と海

生温かい空気を切る様に
涼しい夕暮れの風が吹き抜けて行く

空の色が変わり始める頃
眠れない夜の事と 言葉を選びながら

キミに好きだと告げた…

夕暮れの海 琥珀の輝きを終えて…

キミが指差した菫色の空に
一番星が輝いていた…

 



 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.