僕等の贅沢.

僕等の贅沢

 

僕等の贅沢

 

裸足で国道を横切る海までの道

サーフボード抱えて
スミレ色の海へ

空にはまだ
名残の星が 輝きを残してる

ガラムの香り 潮の囁き

徐々にオレンジ色に染まってゆく
今日と云う一日 水平線の向こう側

そこには何時も僕等の贅沢と
細やかな夢がキラキラと光っていた

それだけで 良かった
時は君と僕の間 ゆっくりと流れていた

君は眠そうな顔して丘の上

それでも お互いに
すべてを受け入れあっていた

もう…あんなに解り合えるひと(女)は
いないだろう

やっぱり…君じゃなきゃ…ダメなんだよ

 




 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.