あの季節が…

あの季節が…

 

あの季節が…

 

夕陽いっぱいの 川の畔に
二人座ってた あの横顔

風に吹かれてた 緩い恋の予感

好きだったのに …

言い出せなくて

同じ景色 同じ想い 繰り返したけれど

自分で答えもだせずに

伝えたかった事も そのままで

どちらとも無く 離れていった

あの季節が…

まだ 止まったままならば
二度と君を 離さない…

 




 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.