夏の通り雨.

夏の通り雨

 

夏の通り雨

 

足跡残す 白い砂

眩いばかりの 遠い蜃気楼

長い髪を振り乱し
逃げて行く プリズムの中

戸惑いの 午後
急に降り出した雨は スミレ色…

君の手をとり 逃げ込んだ軒下

まだ 少し肌寒くて…

濡れたシャツのまま 抱き寄せた

魅惑の眼差し 見詰め合った…

まだ 早い夏の通り雨

 




 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.