月の舟.

月の舟

 

月の舟

 

柔らかに夜の帳が降りてゆく

静寂と安らぎの中 あなたと二人

月は優しく導く ボクラを闇に
星は君の瞳に輝く

今 そっと漕ぎ始めた 月の舟

もう戻れない この夜と君だけ…

君さえ 許してくれるのなら
君に永遠の光を 与えよう…

僕の姿を見失わない様に

そして 僕は深く 深く
君だけを 愛し続けるから…

そっと目を伏せて
その手を差し出しておくれ

君の左手の薬指に
一粒の輝きを与えるから…

そして 何処までも月に導かれるまま
漕いで行くから…

 




 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.