気だるい朝の風.

気だるい朝の風

 

気だるい朝の風

 

ワザと 時計を遅らせた 終電間際

帰らないからと 僕を困らせた

一緒にいたい ただそれだけで…

無防備なまま 僕等は 夜に沈んでゆく

何時でも会えるけれど
今じゃなきゃダメで …

何時でも 離したく無いけれど
今は このまま 抱いていたくて…

真夜中の街 君を引き寄せた ビルの死角

点滅した信号機 何故か寂しくて…

行く当ても無く ただ 歩いた

少しでも二人で居られる
静かな場所を求めて…彷徨う 街角

クラゲの様に 闇の中を漂った
君と初めての夜遊び 心だけが先走り

結局…僕等は大人に成りきれず…
君と迎えた 気だるい朝の風

期待むなしく チョッピリ残念な風

 


玉置浩二 ふたりなら

 




 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.