とめどない想い.

とめどない想い

 

とめどない想い

 

人は本当に…生まれ変われるのだろうか?

もし…そうだとするなら また あの木の下で
愛しい気持ちを 打ち明けたいけれど

あなたは また笑みを浮かべて
不器用な その呟きを
また 聞いてくれるだろうか?

待つ人がいる事も承知で…
でも…我慢できなくて…

とめどない想いを 如何しても伝えたくて…
あなたを 困らせてしまった…

二人は誰にも言えない 短く熱い 夏を過ごし
彩る秋を越え やがて冬が来た…

其れでもいいと 思ってた…このままでもと…

指輪をした その細い指を振るわせて
あなたは…僕の肩に手を置き…

あなたの為…と別れを告げたけれど

次に生まれ変われたのなら
もっと早く あなたを見つけるから

もう あんなには 苦しませないから
また 僕を好きになって 欲しい

そしたら もう二度と苦しめないから

ずっと一緒にいようね…
あの木の下で あなたを待っているから…

 

 




 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.