空想の風景と願い事.

空想の風景と願い事

 

空想の風景と願い事

 

星は見えたかい? 誰かが聞いていた…

そう 例えば目を塞いでいても

それが たとえ見れなかったとしても

君の想像出来た 満天の星空と流星

その景色に
あなたの最も美しい風景を映した筈

その風景と願い事は 君の心の声
そして求めている その空想の風景と願い

信じていれば 何時か その願いも 叶えられだろう

いにしえより 今まで幾千もの星が生まれ
力尽きて果てて行くものは星に帰るという

人は何時か 精一杯の輝きを放ち
やがて 故郷を見渡しながら夜空を流れて行く…

僕らは今生きているのだから
精一杯の輝きで…この世を流れて行けばいい…

 

 




 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.