秘密の入江で.

秘密の入江で

 

秘密の入江で

扉を開け放った 白いバルコニー

嘘を付いたのは 初めて…少し心が痛むけれど

もう一度だけ 如何しても 同じ空が見たくて

君と僕は 指輪を除いては あの頃のまま…

やがて暮れ行く 黄昏に包まれた

俯き加減の眼差しが とても大人で
風に遊ばせた長い髪が とても素敵だった

夏の夕暮れ 過ちの空

入江の奥に堕ちて行く太陽

噎せ返ってた熱気が 風に流されてゆく

夕陽に染まる細い身体を そっと抱き寄せる

灼けた真夏の 秘密の想い出

明日になれば ただの幼馴染に戻る二人
そう…ただの幼馴染に…

 




 

ポエムランキングに参加しています。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.