錆色のトンネル.

投稿日:

錆色のトンネル

 

錆色のトンネル

山鮮やかに 秋色に染め上げて

街の街路樹も 紅葉の頃

冬支度をする樹木達は
薄茶 焦げ茶 黄色 蜜柑色 紅に染まる
錆色のトンネルを創る頃

落ち葉を踏みしめて 二人通り抜けたものだ…

今でも 冬支度を整えた樹木達が
錆色のトンネルを創り出すと

寂しや後悔を踏みしめながら
街の街路樹のトンネルを歩いている…

錆色を迎える 自分と向き合い

色々 不器用すぎる自分が
ことごとく嫌になる

ふと 顔を上げて 先を見れば …

優しい声が聞こえて 秋色の装いをした
あなたが 見えた気がした…

やっぱり…僕等も色づき始めたんだ…
そして 僕には あなたしかいないんだ…と
今…一枚の落ち葉が 囁いた…

 

 

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2019 All Rights Reserved.