瑠璃色の記憶.

投稿日:

瑠璃色の記憶

 

瑠璃色の記憶

音の無い世界で
君は哀しげに微笑む今 産まれたばかりの
太陽が 紫の空をオレンジに染めて…

風の無い世界で
君は真っ白に輝く光の真昼の海風を受けて
何かを指差し 何かを言おうとしている…

遥か彼方の瑠璃色に輝く天空の隙間
僕は大きく手を振って 君を呼び止める …

デモ…君は応答してくれない…
どんなに呼び止めても 大声で叫んでも…

君はガラス張りの世界の向う側を
微笑みながら走って行く 何かに導かれながら

僕の視界から君は徐々に消えて行く
そして…瑠璃色の薄闇だけが 僕を優しく包み込む

君の姿は 星に導かれ 月の光となり
消えて行ったのだろうか? そんな事を考えながら…

涙で出来た川の向こう側を
歩いて行く君の姿すら 見つける事も出来なくて…

僕がどれだけ老いて 朽ち始めたとしても…
月日がどれだけ経とうとも 風化する事も無く…

色褪せることの無いその鮮烈な記憶は
瑠璃色の映像となり 僕の心を生き続けている…

 

 

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2019 All Rights Reserved.