変わらぬ思い.

投稿日:2018年6月24日 更新日:

君が決めた事だから

僕はもう何も言わないけど

この思いに嘘は無いよ

僕の心はあの日のままだけど

君の涙が頬を伝う

そして新しい何かを求めて

僕の腕をすり抜けて行く

我慢強い君の事だから

僕が居なくても大丈夫だよね

僕は淋しくなるけれど

僕の心はあの日のままだけど

君は歩いて行く

そして巡り行く季節の様に

僕の腕をすり抜けて行く

君が乗る最終電車が来る前に
も一度だけいわせて欲しい

僕の心はあの日のままだから
何時でも戻っておいでよ

 

 

出会った時のままの気持ちで、変わらない自分と、彼の事が嫌いになった訳では無いけれど、このままじゃ、お互いの気持ちに、背き彼と一緒ににいることは、出来ないと思った、彼女……最終的には、別れてしまったけれど、彼女に寄せる思いは、変わらないと思う彼の優しさ…彼女も辛さを乗り越えて、別れを決断し未練を残したまま…だから、別れを惜しむ、彼の
見送りを受けていたが、無情にも、彼女が旅立つ最終列車のベルが鳴り響く前に、彼は、同じ言葉を繰り返す事しか出来なかった。結局大好きな人を信じて、僕は何時までも待ってるという事しか出来なかった。

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2018 All Rights Reserved.