かりそめ.

投稿日:

 

かりそめ

冬の光が射し込む この部屋

あなたの残り香 胸に哀しくて

タバコの煙と共に消えていった

あなたはあなた わたしはわたし

かりそめでも 温もりが欲しいから

泣くのは自分と知りながら

夜の街を彷徨っていた…

 

冷たい冬の風が 通り過ぎてく

抱き合っても 一つになれない

そんな寂しさ 知ってるくせに

あなたはあなた わたしはわたし

かりそめでも 今 温もりが欲しくて

泣くのは自分と知りながら

虚しさを噛み締めていた…

 

たとえ 泡沫の夢でも

私にしてみりゃ恋は恋

交わり切れない心のままでも

許し合えた夜明けが嬉しくて…

だけど この朝に震えている…

 

 

人肌恋しい季節に なって来ました…独り者の僕には、コタエル季節となって来ました。街で知り合い、寂しさ紛らわすために、かりそめでもいいから温もりが欲しい…こんな気持ちになった事…ありませんか?心に住み着く、もう一人の自分が、とんでも無い、指令を出そうとしたり、実際に遂行してしまったり…結局、僕の場合に限りますが、自分勝手なんだなぁと思います。過去じゃ無くて、未来じゃ無くて…結局今…が、大事なのかなぁ〜もっと堅実に生きて行けたらなぁと、いつも思います。反省だらけの、虚しすぎる我が人生よ…

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2018 All Rights Reserved.