虹色の小雨.

投稿日:2018年8月20日 更新日:

虹色の小雨

 

虹色が混じる小雨が降る中を
君の手を引き走り去った

夏の終わり

君とただ一緒にいたくて…

雷を怖がる君と手を繋ぎながら

公園の土管の中で雨宿りしたね

僕等は思春期の入り口で

何かが動き始めたんだ…

指切りしてた不思議な気持ちに
気付いたんだ その胸の苦しさに

 

ワザと逸れた君を捕まえたくて
公園の迷路の中で君を探してた

夕暮れの時

後ろから抱きつかれた時

僕の頬に口づけしてくれたよね

驚きとトキメク胸が嬉しかった

僕等の青い夏の思い出は

子供デモナク大人にもナレズニ…
やがて初恋へと変わって行った

 

虹色に光る小雨を見るたびに

懐かしい公園のあの土管

そして今は 見失ってしまった君を

この迷路で探している

あの頃の様に…

トキメキがもう一度欲しくて
虹色の小雨が降るのを待っている…

 

 

ウーン…作品は不出来ですが、やっぱり、僕は思春期の頃が、一番好きかな〜何をやっても、新しい発見があって…その分、大人でもなく子供でも無いみたいな、背伸びをしていた日々を思い出します。目指せ!万年思春期!…純粋な心で居られるなら、そうして生きてゆけたらなーって、何時も思っています。自然の匂いを忘れずに、小さな事でも大切に思い、自然の風景を愛し、海や空が大好きで、マッタリが大好きなそんな自分でいたいなー

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2018 All Rights Reserved.