加速する感情.

加速する感情

 

加速する感情

 

二つ年上の あなたに恋しをした…

クラブ活動が 終わると 秘密の場所で
待ち合わせた

凍えそうな位 冷たく細い指先で
ふざけながら 僕の頬に首に手をあてて来た

触れたい 感じたい 君のすべてを…
言えない…何も…ただ好きとしか…
出来ない…何も…ただ歯痒くて…

君の長い髪 とても素敵だよ
君の少し大人びた微笑みも
誘われて行く 想いは深く加速して行く

伝えたい…けど…言えなくて
もっともっと君を知りたい…

恋する感情は ドンドン加速して行く…
理性とは裏腹に欲望が先走る…

其れでも 抑えきれない衝動に
口籠る僕にも…

御構い無しに 君は無邪気な誘惑をしてくる

僕は思わず君を抱きしめて 君は目を伏せた

胸が張り裂けそうで…デモ…最高に嬉しくて…

恥ずかしくて…何故か切なくて…

大人には程遠いけれど 初恋を実感した…

 

-恋/失恋/片思い

Copyright© 心の交差点(by 藍 詩) , 2020 All Rights Reserved.