ファインダー越しの世界と詩のコラボレーション

心の交差点

雪の様な別れ.

更新日:

「心の交差点」
powered by エックスサーバー

雪の様な別れ

まるで さよならを言う様に
二人の足跡が消えてゆく

シンシンと降る雪は静かで
何も話しかけては来ない

僕らの暮らしたこの世界を
まるで無かった事にする様に

今はただあなたの吐く息が
白く冷たく悲しかった

口ごもる色んな言葉を吐く様に
白く冷たい悲しい目をしてた

シンシンと降る雪は静かで
何も話しかけては来ない

水銀灯に煌めく雪の粒が
涙の様に静かに降り注ぐ

今はただあなたの濡れた瞳が
白く冷たく悲しかった

それじゃ元気でといい残し

雪が溶ける様に僕の前から
徐々に姿を消して行った

雪に残されたメッセージは
僕の肩に積もり心に染み込んで
言葉の無い別れを納得していた

 

 

何もかも別れる理由を承知して、彼女は彼の見送りを受けて雪の中を、最後に一緒に歩いている。お互い心を残したまま、別れ言葉は言わずに、自然な形で別れて行こうとしていた。夜の水銀灯に反射した雪が、やけに淋しく冷たく悲しかった。元気でと最後の一言を彼女が言った後、無口な別れは終幕を引いた。でも、彼女の口ごもっていた言葉を、彼は肩に積もった雪で悟る事ができた。その雪は、冷たく悲しかったけれど彼女のメッセージとして、温かく心に染み込んで行った。
彼は辛かったけれど、無口な別れでも、これで良かったと納得できた様だ。

ポエムランキングに参加しています。
クリックで応援してくださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ

-失恋/片思い

Copyright© 心の交差点 , 2018 All Rights Reserved.